スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
失ったもの><
今日は寒い><
 
いきなりここ数日冷え込んで、気温が20度台前半><
たった一週間前には、30度を越える日もあって、暑かったのに・・・・・・
一週間で10度の温度変化><;;;
寒いッ!
 
で、この寒さにさらに拍車をかけてくれるのが、民主党政権><;;;
中国の恫喝外交に屈して、船長を釈放しちゃうなんてねぇ~><
なにやってんだか!
これで、世界から、日本は脅しに弱く、すぐに腰砕けになる意気地なしの国と見られることに orz
確実に、中国は調子にのって、同じようなことを繰り返すようになるし、いずれ、尖閣諸島だけでなく、沖縄まで中国に奪われることになっちゃいそう><;;;
 
ともあれ、この問題、かなりタチの悪い問題であるのだけは確か><b
とりあえず、船長の釈放でひと段落ついたとはいえ、それで尖閣沖に中国漁船がやってくることを阻止できたわけでもないし、むしろ、今回の処置を受けて、中国漁船が大挙してやってきて、より大胆により強引にふるまうようになるのは確実><b
当然、この手の事件が頻発する><ノ
そして、日中の対立が延々と繰り返され、日中関係が修復不可能なまでに冷え切ってしまう!
そういう覚悟を固めないといけないね><ノ
 
なんにせよ、今回は『日本の負け、中国の勝ち』だったわけだけど、実のところ、中国にとっては、大きすぎる代償を支払っての勝利に見える^^;;;
今回、中国は、日本に対して、1世紀前の帝国主義をほうふつとさせる恫喝外交を展開し、第2次大戦の反省を踏まえて、この約半世紀、国際社会で遵守されてきた数々の国際ルールを踏みにじった><ノ
外交上の対立に対しては、平和的な話し合いを重ねて、解決策を探るべきだったし、最恵国待遇を無視して、特定国(日本)に輸出規制を課してはならない! などなどetc
それに、直接投資を介して、技術移転を受けているホスト国が、相手国の経済活動を脅かすような措置をとるなんて、きわめて愚かなやり方・・・・・・
これで、中国は、自国の利益のために、国際平和さえも考慮せず、なりふりかわず行動する信用できない国というイメージを世界にばら撒いたことになる^^;;;
その上、中国依存は、世界のどの国にとっても国益にならないことが明らかになったわけだし、今後、脱中国の動きが加速しちゃうだろうな^^;;;
さらに、対中国で問題を抱えている国は、なにも日本だけではないし、今後、世界各国同士の対中連携の動きにつながるかも^^b
世界中から問題視され、孤立する中国・・・・・・
う~ん・・・・・・
と、すると、ことによると、この勝利、中国の終わりの始まりになるかも^^;;;
 
 
「今日は寒いニャ~!」
10092501
 
「さっき外へお散歩に出たけど、あんまり寒くて、玄関でて10歩も歩かないうちに帰ってきたニャ~」
10092502
 
「こんな日は、丸くなって眠るの一番ニャ!」
10092503
 
homepageホームページ
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へblogranking
↑『21世紀は中国の時代ではなく、インドの時代になるでしょう』byとある黒猫占い師 ナマステ~なポチッをクマに!

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

【2010/09/25 11:55 】 | クマの生活 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<ウラ! | ホーム | システム♪>>
コメント
こんにちは☆
本当に寒いです
半そでがきついですよ
けど、10歩はさすがに早すぎでしょ…
もっと寒くなったら
何もできないじゃないですか
【2010/09/25 12:19】 | URL | トイプードル #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
奢れるものは久しからず。
今回は中国側に焦りを感じました。
この結果が中国にとっても決していい結果では無いでしょうね。
でも日本が払った代償はこれよりずっと大きなものだと。

お、クマさんコリオリ理論ですね^^
【2010/09/25 15:58】 | URL | ANKO #-[ 編集] | page top↑
中国人は自分が悪くても絶対に謝らず
自分に非があっても 相手が謝ったりすると
「お前が謝ったのだからお前が悪い!」と言ってきます。
このあまりにも自分勝手なやり方に黙って屈した日本は情けないです!
【2010/09/26 09:23】 | URL | ワカメパパ #-[ 編集] | page top↑
大きな外交の失敗作ですねぇ~
歴史に残るかも・・・

もともと共通語が存在しないわけだから、両国の言語の解釈の違いが悪化したって言う説もありますし、船長はスパイ説もありますので詳細は不明ですが、尖閣諸島は日本固有の領土で中国の船がぶつかってきた事実は曲げられないと思うのですが・・・
日本のマスコミもあおりすぎでエアアースは日本でも採取出来るし、そんなに心配することないと思いますが・・・
一番怖いのは4人の人質ですね。
中国は三権分立がない国なので日本人でも簡単に死刑にしますから・・・
故に交換なんて外交は出来なったんでしょうか?
国際社会に訴えるしかありませんがこの件はどうもアメリカがかんでいる気がします。
なのでビデオ公開がないのでは・・・
長くなってごめんなさいね。。
【2010/09/27 15:54】 | URL | コトママ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://blackcatkumanosuke.blog107.fc2.com/tb.php/1086-ab1a7842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。