スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
フロントランナー
こないだから、今のアメリカの金融危機は、日本の90年代に似ているという話を書いてきた^^b
今回、これに関連して考えてみるのは、教育問題について^^b
 
これまで、アメリカで起こったことは、10年後、20年後日本でも起こることだといわれてきた^^;
つまり、その時点、その時点でのアメリカの姿は、10年後20年後の日本の姿であるということ^^b
実際、良きにつけ悪しきにつけ、多くのことでそのとおりだった^^;;;
だから、日本としては、アメリカの対処方法をじっくり観察して、失敗した原因、うまくいった原因を分析して、いざ日本で同じような問題が起きたときに、多くの場合、効果的な対策を打ち出すことができた^^b
 
で、今回、アメリカの現状が日本の10年前に似ているという状況^^;;;
これって、日本とアメリカの立場が逆転した、もしくは、同じ立場に立ったってことを意味している^^;;;
そういえば、95年地下鉄サリン事件、オウム真理教の宗教テロがあったわけだけど、その6年後、2001年9・11はアルカイダの宗教テロがあったような・・・・・・
もちろん、技術や経済といった分野では、80年代ぐらいから、日本はアメリカに追いついて(キャッチアップ)、世界をリードする立場(フロントランナー)にあるわけだけど^^b
今回の金融危機は、政治・行政の世界でも、日本が世界のフロントランナー・グループの一員であることを意味している^^;;;;
 
今までは、フロントランナーのアメリカを追いかける立場(フォロワー)だったから、日本は、アメリカを手本にして、効果的な対策ができたけど、フロントランナーになったら、手本にできるものが、何もなくなる・・・・・・
フロントランナーに必要な資質は、的確な状況判断と何が問題であるかを認識する分析力、持っている情報を最大限利用して考察する思考力、現状分析の結果、将来なにが起きうるかを予め見通する洞察力、それに、さまざまな知識を有機的に結合して新しものを生み出す創造力の4つかな^^b
でも、これまでのフォロワーとしての日本に必要とされていたのが、アメリカの政策を理解する理解力とそれを改良する応用力だけだった^^;;;
あきらかに、これから必要とされるものと、これまで必須だったものとの間に、大きな隔たりが・・・・・・
日本が、アメリカとならぶフロントランナーとして、世界をリードし続けたいなら、早急に、上の4つの能力をもった人材を育てないとね^^b
 
で、人材を育成する教育の現状を見ると、旧態依然の学力重視論が勢力を増しているような・・・・・・
学力重視というのは、主に、テストで優秀な成績を収めた人を評価する方法論^^b
そもそもテストというものは、まず最初に『模範解答』があって、その『模範解答』にもっとも近い回答をするものを高く評価するもの^^b
つまりは、手本があって、その手本をもっとも忠実に真似することができる人材を育てようというのが、学力重視の考え方^^;
これって、フォロワーの時代の日本においては、非常に役に立つ優れた人材を供給する考え方ではある。
なにしろ、アメリカを手本にして、日本の政策を考えればよかったんだから^^b
ところが、フロントランナーになると、その手本自体がなくなっている^^;;;
こういう人材は、フロントランナーの時代になると、真似する対象を見失って、まったく行動できず、役に立たない人材となってしまう^^;;;
これは、すでにフロントランナーになっている経済分野・一般企業に東大生や京大生が就職しても、多くの場合、ほとんどものの役に立たないことからもあきらか^^;;;
 
では、フロントランナーの時代に必要な教育って何だろうかと考えていくと^^;;;
学力重視ではダメ
物事を的確に捉え、想像力を働かせて、局面局面にあわせて、独自の解答を生み出せる人材・・・・・・
これは、普通、子供たちの遊びの中で、自然と身につけられる能力に他ならないかも^^b
かくれんぼ・おにごっこ・・・・・・・・
自分のおかれた状況を判断し、友達がいる場所を予測し、追い詰める戦略を立て・・・・・・
さまざまな遊びの中に、このような能力を育てる要素が潜んでいるのでは?
まあ、だからといって、まさか、学校の授業中にかくれんぼやおにごっこするわけにはいかないけど、たとえば、歴史上の人物や社会の中にある組織の立場に立って、シミュレーション・ゲームをするというのも一つの方法なのかもしれない^^b
これなら、歴史や社会についての知識を深めることもできるわけだし^^b
 
いずれにせよ、小さい頃から、勉強勉強とうるさく言って、遊びの時間を取り上げ、学習塾に通わせるようなことは、もしかすると、役立たずな人材を育てるのに、もっとも近道のやり方なのかもしれない・・・・・・
 

【2008/09/22 13:46 】 | あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<天高く馬こゆる秋 | ホーム | これボクの!!!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://blackcatkumanosuke.blog107.fc2.com/tb.php/476-c4ead65f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。