スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
定額減税・給付金?
[定額減税] ブログ村キーワード

昨日の報道によると、なんでも政府は2兆円規模の定額減税・給付金の配布を行うそうなw
素直にうれしい♪
なんにせよ、税金を返してもらえるのなら、素直に喜んじゃう^^ノ
実現するのなら、麻生さんはじめ政府・自民党や、公明党に感謝だね^^ノ
 
ところで、この定額減税や給付金って方法^^b
景気対策の一環として、行うみたいだけど、1999年の地域振興券のことを思い出しちゃうね^^;
15歳以下の子供を持つ世帯に、2万円づつの振興券を配ったんだけど、総額6,200億円の財政負担をしたにもかかわらず、2,000億円の消費増しかもたらさなかった愚策^^;;;
公明党がごり押しして、導入したんだけど、コストの割りに、あまりにも効果がなさすぎたので、二度と陽の目をみないように、封印しちゃったんだよねぇ~><b
今回も、地域振興券と同じ道を歩むのは、確実^^;;;
自民党も公明党も、学習能力がないのかな?
 
人々の消費行動に関しては、人間というのは、案外、将来を見越して、計画的に行動するものと考えられている。(恒常所得仮説・ライフサイクル仮説)
たとえば、月々の給料が増えれば、将来もらえる所得も増えると考えられる。将来がより豊かになるのだから、消費を多少増やしても問題ないと考えて、人々は消費を増やそうとするだろう。
でも、一時的に、景気がよくなって、ボーナスが増えたとしたら・・・・・・
このボーナスは一時的で、将来の所得増を約束するわけではない。別に将来があかるくなるわけではないので、消費の行動を変えようとせず、ボーナスの増加分は、そのまま貯金・貯蓄に回されることになる。
結果的に、一時的な所得の増加は、消費を刺激することはないということになる。
 
経済学をかじったことのある人なら、この仮説知っているハズ^^b
経済官僚なら、当然知っているだろうし、経済政策をうんぬんする立場の閣僚や政党幹部で、知らないとしたら、政治家失格!!
政府は、2兆円規模の定額減税を実行し、国民に所得の増加をもたらそうと考えている。
理論では、この政策は、ほとんど効果がない><
であれば、その分を、緊急医療や小児科・産婦人科の拡充のために、医者や看護婦さんの増員補助を行ったり、教育のさらなる向上のために、教師の数を増やしたり、治安対策のために、警官や消防署員の待遇を改善する方が、社会の発展だけでなく、景気対策としても、はるかに効果的なのに・・・・・
また、もし、本気で景気対策として、実行するのであれば、恒久化して、毎年実行するか、所得制限を設けて、高額所得者は排除しなきゃ、意味がない><
結局、こういう派手なだけで、無意味な政策をとり続けたからこそ、今の政治不信・自民党の凋落につながっているんだろうねぇ~><b
 
homepageホームページ
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へblogrankingtimeranking
↑なにも選挙向けのパフォーマンスで、財政悪化に拍車をかけなくても・・・・・・

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

【2008/10/30 12:07 】 | あれこれ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<クマモグラ♪ | ホーム | SP>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://blackcatkumanosuke.blog107.fc2.com/tb.php/527-94a0edfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。