スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
おくりびと=冬のソナタ!?
今日は雨 しとしとしとしと・・・・・・・
 
昨日、アメリカのアカデミー賞の発表があった^^b
で、なんと、日本の2作品『つみきのいえ』と『おくりびと』がそれぞれ短編アニメーション賞と外国語映画賞を受賞^^b
日本の映画作品が同じ年に2作品受賞したのは、初めてのことなんだとか^^b
よかったよかったw
 
両作品とも、くまのすけはまだ見てないんだけど^^;;;
おくりびとは、ひょんなことから、納棺夫になる男の話^^b
納棺夫なんて、普通の日本人もよく知らない世界だし、アメリカ人ならなおさら興味深い話だったのかもね^^b
これまでの外国語映画賞の歴代受賞作を見てみると、まだ、賞が設定される前の50年代前半に日本の3作品が名誉賞を受けた後、ほとんどがヨーロッパの作品ばかり^^b
最初は、フランス、イタリアの作品が中心で、しだいに北欧や東欧の作品も受賞するようになった^^b
やっぱり、文化的要素が似ている作品の方が、投票するアカデミー会員の受けもよくて、受賞しやすかったのかもね^^b
ヨーロッパ以外で、合作とかではなく単独で受賞したのは、1985年、アルゼンチンの軍事独裁政権の思想犯抹殺を告発した「オフィシャル・ストーリー」って映画^^b
で、アジアで最初に受賞したのが、2000年、ワイヤーアクションを多用した台湾の武侠映画の「グリーンデスティニー」^^b
その他、カナダの作品が2003年に受賞しているけど、ヨーロッパとの合作以外で受賞したのは、おくりびとを含めて、これら4作品だけ^^b
こう見てみると、アカデミー賞が外国語映画に求めているものが、なんだか、おぼろげに見えてくるような・・・・・・・
ヨーロッパ以外の英語圏とは文化的特性が違う国々の作品には、作品のよしあしだけでなく、なにか人目をひくような新しいもの、エキゾチックなものを求めているみたい^^b
その基準に今回もっとも合致した作品だったのが、納棺夫なんて日本人も知らない世界を描いた『おくりびと』が受賞した理由なのかもしれない・・・・・・
 
そして、この作品のでき+αをもとめる感覚って、もしかしたらアカデミー会員だけが持っている感覚ではないのかも^^b
2003~04年、日本に一大旋風を巻き起こした『冬のソナタ』・韓流ブーム、まさに、あのとき日本人が感じた感覚こそがまさにこれだったのかもね^^b
だれも知らなかった韓国の美しい風景、なつかしさを覚えるような純愛物語^^b
美男美女が多少オーバーめに演技をし、涙を流す・・・・・・・
冷静にいって、作品の作り自体は雑で、ストーリーもご都合主義的な話だったし、あれが日本の作品だったら、だれも相手にしなかっただろうな^^;;;
今、韓流の作品は、すでにありふれたものになってしまっている。つまり、+αの部分がなくなっている><b
そのためか、ドラマや映画に関しては、ヒット作がなかなかでてこれない><
今回、おくりびとの受賞で、成功したといえるけど、常に何か+αを提供し続けないと、これまでの半世紀がそうだったように、アカデミー会員たちに評価されないようになってしまうんだろうねぇ~><b
まあ、別にアカデミー賞しか映画の賞がないってわけじゃないんで、+αがなくても、映画の出来をもっともっと高めたよい作品をいっぱい作っていってほしいなぁ~^^ノ 
 
 
我が家のクマさん、今日はコタツの中^^b
09022403
 
ゴロンと横になって、毛づくろい^^b
09022401
 
「やっぱり、ボクの+αはこのセクシーな白い毛かなw 格好いいでしょう? ぐふw」
09022402
 
homepageホームページ
にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へblogrankingtimeranking
↑なにか勘違いしているクマに、あきれ顔のポチッを!

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット

【2009/02/24 11:56 】 | あれこれ | コメント(6) | トラックバック(1) | page top↑
<<根性!? | ホーム | また、WBC♪>>
コメント
「外国語映画賞」と別枠を設けてるくらいだから、
文化やエキゾチックな物を求めてるんだろうね。
日本人の死生観や、儀式が新鮮だったのかな。
でもここのところあるお方の所為で、日本人のイメージが悪化してたから、
今回の受賞&作品で、汚名挽回になれば嬉しい。
日本人の繊細さや、死者へ対する尊厳、そこが伝わると良いね。
【2009/02/24 12:24】 | URL | ANKO #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/02/24 17:43】 | | #[ 編集] | page top↑
こんばんゎ☆

アカデミー賞☆同じ日本人として素直に嬉しいですね~(^^)

最近はドラマも映画も原作が漫画ってのが多くて、それ自体は悪いことじゃないんですが、漫画に忠実すぎて面白みに欠ける気がするし、ビジュアル重視だし、ドラマや映画にしかない面白さってなくなってきた様な気がしてたので、これを機に日本映画界が活気付いて面白い映画やドラマが作られるといいなぁ♪
【2009/02/24 18:52】 | URL | 魚の目☆ #-[ 編集] | page top↑
すごいですね!それに今まではノミネートされても「一部の人しか知らない映画」だったりしたのが今回はヒットした作品(私は見てないんですが)世界の人と自分の感動が共有できたって本当にすごいことだと思いました。
モックン・・いまでもかっこいいですね。
【2009/02/24 19:46】 | URL | ヘレンケラー #-[ 編集] | page top↑
ウッディ・アレン氏などの一部を除いて、映画製作に携わっている人達にとって米国のアカデミー賞にノミネートされるとか、賞を受賞するというのは、やっぱり「夢」なんじゃないでしょうか。人気があり過ぎる監督や俳優には偏見を持っているアカデミー会員が多いような気がしますけれど。
クマちゃんって白い毛の部分もあったんですね。コタツの中でセクシーポーズをするあたりは大物です!
【2009/02/24 22:52】 | URL | The Empress. #VNBlgkw6[ 編集] | page top↑
こんにちは。
外国語映画賞の枠があるというのは、やはり他とは違う何かを求めているんでしょうね。
今回受賞した作品は、私もまだ見ていませんが、ぜひ見てみたいです。
【2009/02/25 08:44】 | URL | ★クロ☆ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://blackcatkumanosuke.blog107.fc2.com/tb.php/654-ae32a752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
おくりびと 脚本
☆*゜ ゜゜*☆*゜White Day ゜゜*☆*゜ ゜゜*☆*゜ ゜゜*☆*゜ パリで大人気のグラススイーツを!プリザーブド・フラワーアート★  納棺師に脚光、本物のおくりびとも絶賛日刊スポーツ米アカデミー賞の外国語映画賞を受賞した映画「おくりびと」のロケは ビィドリーム【2009/02/24 14:30】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。